防水工事
WORKS

防水工事とは、雨漏り、漏水から建物を守る大切な工事です。

防水工事の必要性について

水は住宅にとって一番の天敵です。しかし紫外線や雨風などの影響で防水材や屋根材の劣化が進むと、湿気や雨水が侵入してしまい、住宅を支える柱や断熱材などの素材が腐食してしまいます。
そのため屋根や外壁の劣化状況を調査し、劣化が進んでいるようであれば雨漏り防止のための防水工事を行う必要があります。

よくある防水層劣化と
塗り替え時期の目安

塗料にもよって異なりますがよくある劣化症状ごとの塗り替え時期は以下の通りです。

劣化症状 イメージ
天井のしみ

天井の変色は屋外や壁からの雨漏りの可能性も。雨漏りは建物の劣化・カビの原因に。

シーリングや塗装の劣化

経年劣化によりひび割れを起こします。塗膜が劣化すると、外壁を手でさわったときに白い粉がつくチョーキング現象が発生。放置すると漏水事故につながる恐れも。

サービス一覧へ戻る